ニュース/新着情報

バラスト水処理装置HK、USCGよりAMS承認取得

ミウラのバラスト水処理装置HK(以下、HK)は、2014年11月に海水・汽水域での承認を取得しており、今回の淡水域でのAMS*1承認取得により、USCG*2が定める条件下*3において塩分濃度に関係なく全水域【海水・汽水・淡水】でバラスト水処理装置の使用が可能となりました。これにより、さらにお客様の多様なニーズに柔軟にお応えしていきます。
今後、当社は自社に設備した淡水専用試験サイトを有効に活用し、HKのUSCG型式承認*4の取得に向けた試験確認を進めてまいります。

■AMS承認取得までの経緯と今後の予定
2014年3月 : IMOのガイドラインに基づいた承認を国土交通省より取得
2014年11月 : USCGの定めるAMS承認取得【海水・汽水】
2015年11月 : 自社「淡水専用試験サイト」で淡水性能試験を終了し申請
2016年2月以降 : USCG 型式承認に向けた淡水試験を継続
2017年度 : USCG型式承認取得予定

————–
(※1) AMS : USCGが、IMO(International Maritime Organization, 国際海事機関)により承認されたバラスト水処理装置を一時的に認めたAMS(Alternate Management Systems)と呼ばれる措置。
(※2) USCG : 米国沿岸警備隊 (United States Coast Guard)
(※3) IMOで規定されている塩分濃度 海水:32PSU以上 汽水:3~32PUS 淡水:3PSU以下
USCGで規定されている塩分濃度 海水:28~36PSU 汽水:10~20PSU 淡水:1PSU以下
(※4) USCG型式承認 : 米国沿岸警備隊 (United States Coast Guard)が定める独自のバラスト水処理規制。

Read more

シンガポールにおける統括会社設立に関するお知らせ

三浦工業株式会社は、本日開催の取締役会において、下記のとおりシンガポールに新会社を設立することを決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.設立の目的
三浦工業株式会社では、アセアンの4カ国(シンガポール、インドネシア、タイ、ベトナム)に子会社または関連会社を展開しております。今後も市場拡大が見込まれる国に対し事業展開を検討しており、管理体制の強化及び投資判断の迅速化を図るためにアセアン地区に統括会社を設立することにいたしました。

2.新会社の概要
(1)商号 MIURA SOUTH EAST ASIA HOLDINGS Pte.Ltd.
(2)本店所在地 シンガポール
(3)設立予定 2016年4月(予定)
(4)代表者名 三本順一
(5)資本金 5百万米ドル(約6億円)(予定)
※設立後、シンガポール、インドネシア、タイの子会社3社の株式を現物出資する方法により増資を予定しているため、特定子会社に該当する見込みです。
(6)大株主及び持株比率 三浦工業株式会社 100%
(7)事業内容 アセアン地域における子会社の管理・統括

3.今後の業績に与える影響
当社の平成28年3月期の連結業績予想は、本日公表した数値から変更はありません。なお、当社の業績に与える影響は軽微です。

Read more

タイで初めてのNSF認証を取得

当社では高効率ボイラーである貫流ボイラーの効率維持のために、独自の水管理を行うために水処理装置、ボイラー薬品を製造販売しております。工業製品業界だけでなく、食品業界においても安心してご利用いただくために各国工場にて生産される薬品はNSF取得がなされております。

三浦工業(タイ)株式会社は2015年7月6日、ボイラー薬品で公衆衛生に関する国際基準の国際衛星科学財団(NSF)認証を取得しました。タイのボイラー業界での同認証の取得は初めてになります。これを機に、タイ国内の食品会社に向けた販促を拡大する方針です。既に外資系の大手食品メーカーからマルチ機能薬品の受注をいただいており、今後もこのようなニーズが高くなると見込まれます。
取得したのはボイラー薬品3種で、ボイラー内で水による腐食やスケール(水中のカルシウムがボイラー内壁に付着すること)を防止する「マルチ機能薬品」が2種類、スケールを防止する「スケール分散剤」が1種類となっており、同国にて生産された薬品をタイだけでなくアセアン地域へ供給を行っております。
三浦工業では、タイの他にアメリカ、中国、韓国、台湾でNSFを認証済み。

Read more